ドライブ旅、ひとり旅「旅の行き先の決め方」おすすめのテーマ③「蕎麦めぐりの旅」

撮影:旅くま

旅行で「ご当地そば」を食べるのも楽しみの一つになっているかも。

「蕎麦を食べに行く旅」っていうのも、楽しいかもね!

日本中を旅する事が大好きで、時間とお金に余裕が出来たら、旅をしています。

旅の計画する時に、「どこに行こうか?」悩む時があります。

そこで、私が旅の計画で実践している方法が、

「テーマを決めて行く旅」です。

私が良く行く4つのテーマです。

1.日本百名道を通る旅

2.温泉巡りの旅

4.うどん巡りの旅

今回は、「3.蕎麦めぐりの旅」で、旅で出会った、美味しいいお蕎麦を紹介します。

紹介するお店の中に、惜しくも閉店してしまった名店もあります。

文豪「池波正太郎」も何度も通った名店、信州そば「刀屋」

撮影:旅くま

住所:長野県上田市中央2丁目13−23

TEL:0268-22-2948

JR上田駅から徒歩10分、駐車場は、15台おける専用駐車場があります。

営業時間:11時~17時

定休日:日曜日

1階が椅子席とお座敷、2階はお座敷、人気店なので並びます。

ここは、文豪、池波正太郎さんがお気に入りで何度も通った事で有名なお蕎麦屋さんです。

人気店なので、開店を同時に訪れましたが、既に並んでいる人がいらっしゃいました。

撮影:旅くま

ここのお蕎麦の特徴は、硬めの太麺で、量もかなり多いです。

食べごたえがあるので、蕎麦をしっかり噛んで食べる感じです。普段のお蕎麦と全然違って、これもまた美味しいんです。ただ、最初、ざるから盛り上がる蕎麦の迫力にびっくりします。

もりそば(小)が他のお蕎麦屋さんで普通盛り、もりそば(中)が大盛りに値します。

もりそば(大)は1キロ程あるみたいなので、まずは普段頼むより小さめのサイズで事をおすすめします。

「がっつり蕎麦を食べたい」時にぴったりです。

福島県南会津にある、ねぎそば「萬屋(よろづや)」

撮影:旅くま

住所:福島県南会津郡下郷町大内山本32

TEL:0241-68-2929

最寄駅は、会津鉄道「会津線」の湯野上温泉駅で、 湯野上温泉駅から大内宿までは広田タクシーの「猿游号(さるゆうごう)」という循環バスがあります。

営業時間:8時30分~17時

定休日:不定休

席はお座敷のみです。

萬屋では、ねぎ蕎麦食べられるお店です。ねぎ蕎麦とは、

撮影:旅くま

そうです、ねぎでお蕎麦を食べる蕎麦です。

わかってはいたものの、「どうやって食べよう・・・」と少し動揺します。

でも安心してください。お箸も一応準備されています。

そして、ねぎも、持ち帰れるように、袋をくれます。

蕎麦は非常にシンプルで、上に花かつおがかかっています。御汁もあっさりで美味しかったです。

越後湯沢にある創業85年の名店 へぎそば「しんばし」

撮影:旅くま

住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢488-1

電話:025-784-2309

JR越後湯沢駅より徒歩7分

営業時間:11時~20時(蕎麦が売り切れ次第閉店)

定休日:水曜日

椅子席です。

HP:しんばし|越後本手打ち蕎麦 (soba-shinbashi.net)

へぎそばが食べれるお店で、へぎそばとは、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使った蕎麦を、ヘギといわれる器に盛り付けた切り蕎麦の事を言うそうです。

撮影:旅くま

海藻が入ってるので、蕎麦が非常にあっさりとしていて、いくらでも食べれてしまいそうです。

私はいつも2人前食べます。

そして、蕎麦だけでなく、一品ものも絶品です!

撮影:旅くま
撮影:旅くま

毎回注文するのが、「舞茸の天ぷら」と「身欠きにしん煮付け」の2品です。

舞茸は特大サイズで、もうスーパーで売っている舞茸とは比べ物にならない位、旨みと歯ごたえがあります。

身欠きにしんは、身も骨もほろほろで、他で食べれない1品です。一人で半身はペロッといけます。お酒にも合います。

北海道音威子府今はなき「駅そばの名店」 音威子府そば「常盤軒」

撮影:旅くま

住所:北海道中川郡音威子府村音威子府

2021年2月8日、常盤軒は閉店しました。

「常盤軒」は、最北の駅そばで、日本三大駅そばの一つ。駅そばの名店です。

2021年2月8日、常盤軒の店主が亡くなり、店自体も80年以上の歴史を閉じることとなりました。

私が訪れたのは、2017年9月でした。

音威子府駅は、他に何も無い駅がぽつんとあるような場所で、人もそれ程多くみかけない場所なのに、

常盤軒には、お客さんがやってくるんです。名店を伺わせてくれました。

撮影:旅くま

黒い麺に、桜エビのかき揚げとねぎと卵だけ。汁が優しい味で本当に美味しかったです。

ここの土地でこのお蕎麦を食べたという事、もの凄く深い思い出となっています。

また、食べたいです。残念です。

まとめ

旅をして、いろいろな蕎麦と巡り会い、蕎麦を通してその土地を知る事が沢山ありました。

どこの蕎麦も味が違って、でも全部美味しくて、食べてて楽しいです。

これからも、旅した時、その土地で巡り会う蕎麦を食べようと思います。

旅貯金に向けてポイ活実施中です。

スポンサーリンク
シェアする
旅くまをフォローする
旅くまのブログ
タイトルとURLをコピーしました