【川越観光】おすすめの散歩コース!小江戸川越へ行こう!

小江戸川越は、古い町並みを楽しめる観光スポットです。

新宿からJR川越駅までは、電車でわずか1時間の距離なので、気軽に行ける観光地です。

テレビではよく取り上げられていますが、いざ自分が行くとなった時、どこを巡るかポイントを押さえておかないと、せっかく行ったとしても、勿体ない思いをしてしまいます。

ぜひ、周っておきたい場所は押さえて、効率良く周れると、小江戸川越を存分に楽しめます。

この記事では、有名スポットやお寺、スイーツ等の「小江戸川越」全体を楽しめる、お散歩コース紹介します。

小江戸川越とはどんな場所か?おすすめの散歩コース!

人気の観光地だけあり、平日でも混雑しています。メインの通りは「川越一番街商店街(蔵造りの町並み)」です。この通りには、国の重要文化財もあったり、建物を見ているだけでも楽しめます。有名な場所に「時の鐘」があります。

アクセス:西部鉄道新宿線の「本川越駅」から徒歩14分

駐車場:周辺に時間貸し駐車場有

トイレ:公衆トイレ周辺に完備

【本日歩いたお散歩コース】

本川越駅🏃 → 川越一番街商店街🏃 →「時の鐘」🏃 → 川越城中ノ門堀跡🏃 →本丸御殿🏃 → 三芳野神社🏃 → 菓子屋横丁🏃 → 本川越駅🏃

【小江戸川越おすすめポイント】

  • 川越一番街商店街」周辺に、古い町並みが集約されているので、全部楽しめる。
  • スイーツショップやこだわりのコーヒショップが多いので、カフェ巡りとしても楽しめる
  • 観光客が気軽に楽しめるよう、食べ歩きスイーツが多かったりトイレも多く設置されている

川越一番街商店街

歩いているだけでも、楽しめます!昼間はかなり人通りや、車が多いので一番混雑します。

入口には、「蓮馨寺(れんけいじ)」があります。

諸願成就で有名なお寺です。

奥に入ると正面に、「おびんずる様」が鎮座しています。触った所が治る仏として大人気です。

一番街の町並みです。写真を撮っている方が多かったです。

1792年(寛政4)に建てられた大澤家住宅は国の重要文化財に指定されています。

「亀屋栄泉」という和菓子屋さんで、生どら焼を買ってみました。

小倉と抹茶の2種類を買ってみました。

どちらも、クリームがたっぷりで、甘すぎず軽くて美味しかったです!

「時の鐘」

一番街のメイン通りから、見上げる事ができます。

川越のシンボルであり、度重なる火災で焼失して、何回も建て直しがされ4代目だそうです。

鐘は今でも鳴らされており、この音色が、環境省の「残したい“日本の音風景100選”」に認定されています。

「時の鐘」の少し先に行くと、スタバを発見しました。

外観が川越の町並みに合わせていてオシャレです。

川越城中ノ門堀跡

「時の鐘」から、歩いて7分程の場所に、川越城中ノ門堀跡があります。

川越城の多くは取り壊され、唯一残った堀跡です。掘跡の周りは民家に囲まれています。

奥へ行くと、くぼんだ堀跡が見えます。

本丸御殿

川越城唯一の遺構であり、日本に2つしか現存しない「本丸御殿」です。

開園時間:午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

入館料金:一般100円、大学生・高校生50円

休館日:毎週月曜日(休日の場合は翌日)年末年始(12月29日から1月3日)館内整理日(毎月第4金曜日、但し休日は除く)

駐車場:あり

トイレ:あり

「川越城図」どれだけ大きかったかわかります。

三芳野神社

本丸御殿の向かいにあり、三芳野神社は、童謡「とおりゃんせ」の発祥の地と言われています。

側面の模様も鮮やかです。

菓子屋横丁

菓子屋横丁にある、有名やパン屋さん「楽々」に行ってきました。向かいには系列のハンバーガー屋があり、行列でした。

ここの人気ナンバー1の「お味噌のパン」を買ってみました。

お味噌のパンは、甘じょっぱいメロンパンと言った感じでしょうか?パンと外のクッキー生地にも味噌が練り込まれていました。

まとめ

新宿から1時間で、懐かしい古い町並みが楽しめる川越は、歴史ある建物と現代スイーツが融合して、オシャレに懐かしい観光地でした。デートでも家族連れでも楽しめる場所で、何回でも楽しめる場所となっています。

スポンサーリンク
シェアする
旅くまをフォローする
旅くまのブログ
タイトルとURLをコピーしました